暁の円卓藩国へ、神をさがしに

ログを一部編集してあります。

/*/
竜宮・司:こんばんは、生活ゲームをしに参りました。
その前にウイングバイパー様との手紙(r:)のお返事をいただけないでしょうか?
芝村:はい。いつおくった?
竜宮・司:1月30日です。
芝村:/*/
芝村:”暁の円卓は怖い場所だが、たしかにそういうところにこそ、神はおるな。あるいは宰相府にいってもいい。そこには光の神がおる”
芝村:”がんばるがよい。と、どや、なんか神さんぽい?”
芝村:/*/
芝村:以上でした
竜宮・司:はい。
竜宮・司:記事はこちらになります。
【予約者の名前】18-00345-01:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン:詩歌藩国
【実施予定日時】2009年2月2日/20時~21時
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・なし
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・18-00345-01:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン:-33マイル:入学済
竜宮・司:では、今回は暁の円卓に行ってみようと思います。
芝村:OK
芝村:二分待ってね
竜宮・司:はい。
芝村:/*/
芝村:ここは暁の円卓だ。
芝村:峠を越えたところにいる
竜宮・司:PLACE着用が出来るならそれで行きたいと思います。
芝村:どぞ
竜宮・司:明刻社へ行こうと思います。
芝村:長い石段を昇っている。
芝村:あちこちに折れた剣があるね。
芝村:地面にも剣が刺さっている
芝村:石段をあがりきったよ。
芝村:そこには静寂に包まれた神社がある。
竜宮・司:はい、では、参拝をします。
芝村:参拝した。貴方しかいない
竜宮・司:ここは山麓の明刻神宮でしょうか?山頂の戦神社でしょうか?
芝村:今は山頂にいる。
竜宮・司:Q:賽銭箱などはありますか?
芝村:A:ええ。あるよい
竜宮・司:ではお賽銭を入れて、お参拝をします
#1マイル消費とかでしょうか?
芝村:いや。お金を入れたよ。
芝村:1/4わんわん銅貨。
竜宮・司:はい
竜宮・司:「神様、神様、お尋ねしたい事があります」
芝村:声はひどく響いた
竜宮・司:「私は友の心を思いやる事を失念して、友を死なせてしまいました。」
竜宮・司:「これは私の自己満足に過ぎないかもしれません。私は愛の女神を探しています。」
竜宮・司:「愛の女神を居場所、手がかりなどを欠片でもいいので教えては下さらないでしょうか」
芝村:後ろで音がする。
竜宮・司:振り向かないでおきます。
芝村:威嚇音がする
竜宮・司:ゆっくりと振り向きます。
芝村:虎がいる。でかい。
芝村:4mは超えている。
芝村:貴方を狙っているようだ。
竜宮・司:「私を食べても美味しくないですよー」
竜宮・司:生肉を虎の前に投げてみます。
竜宮・司:#silver vineで購入したものです。
芝村:虎はなんの興味もないようだ。
芝村:あるのは貴方だけらしい
竜宮・司:「参拝の仕方、間違えたのが駄目だったかなー」
芝村:虎は飛びかかってきた。
芝村:装甲判定:30
竜宮・司:逃げれません?
芝村:敏捷で20
竜宮・司:では、逃げます。敏感は評価20です。
芝村:50%
芝村:ダイスロール
竜宮・司:1d100
芝村のアドイン "mihaDice" :[mihaDice] 竜宮・司: 1d100 -> 58 = 58
芝村:中間判定だ。
芝村:上着だけ奪われる
竜宮・司:追いつかれないよう逃げます。
芝村:逃げ出した。
芝村:気がつけばだいぶ走っていた。
竜宮・司:今の位置はどこらへんか分かるでしょうか?
竜宮・司:Q:本殿とかには入ってないですよね?
芝村:A:ええ
芝村:今は麓近く・・・のはずだ。
芝村:段々畑のようなものがある。
竜宮・司:辺りを見渡します。
芝村:ああ。
芝村:村のような物がある。
芝村:少し離れて神社も見えるよ
竜宮・司:では、そちらへ行ってみます。
芝村:神社に着いた。
芝村:名前もないような小さなところだ
芝村:こけむした鳥居がある
竜宮・司:では、さんはいして、賽銭箱があればお賽銭を入れます。
芝村:入れた。
芝村:澄んだ音がした
竜宮・司:柏手してあと眼を閉じながら心の中で願い事を唱えます。
”神様、神様、お尋ねしたい事があります
私は友の心を思いやる事を失念して、友を死なせてしまいました。
これは私の自己満足に過ぎないかもしれません。私は愛の女神を探しています。
愛の女神を居場所、手がかりなどを欠片でもいいので教えては下さらないでしょうか”
芝村:後ろで音がした。
芝村:砂を踏む音だ。
竜宮・司:人間の足音か、獣の足音かわかりますか?
芝村:動物だね。
竜宮・司:ゆっくりと振り向きます。
芝村:猫だ。
芝村:三毛猫だね
竜宮・司:屈みます。
「こんにちは」
芝村:三毛猫は走って逃げた。
竜宮・司:「あ…、シマアジ食べない?」
シマアジを出します。
芝村:猫は貴方を見た後、また走っていった。
芝村:また貴方を見ている。
竜宮・司:距離を置いて追っかけてみます。
竜宮・司:「付いて行かさせてもらいます」
芝村:OK
芝村:貴方は遠く、歩き始める。
芝村:/*/
芝村:はい。お疲れ様でした。
竜宮・司:お疲れ様でした。
芝村:次回は続きになるだろう。
竜宮・司:わかりました。
芝村:まあ、うまいこといってるきもする。
竜宮・司:虎が生肉食べなかったは敵(私)がいたからですかね? それとも警戒したのでしょうか?
芝村:アレは試練だな。
芝村:では解散しましょう。おつかれさまでした。
竜宮・司:はい、お疲れ様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0