2月13日演習 夜の部のまとめ

【暗殺とは?】
暗殺というのは手っ取り早い天才・・・時代的に早すぎた人間への対処手段です。
皆がそれなりの才能、才覚があってそれが邪魔ならみんな殺すしかないのに対して、一人殺せばいいや、となるのが、暗殺の本質です。
逆に言えば、出る杭=天才でない限りは暗殺以外にいくらでもやりようがあります。だから暗殺されません。
逆に言えば、暗殺される人達にはそれなりに殺される天才性があるわけです。

【暗殺されるのを防ぐには】
暗殺防御の基本形は4つです。
1 自分自身が強くなって暗殺者を退ける
2 バカのふりをして災難をさける
3 影武者やセーフハウスを使って暗殺そのものを難しくする
4 護衛をつける

一般には護衛つけるのが一番で、宰相府もそれで対処しています
1は、修行にコストがかかり、大変です。簡単な対処としては自分ACEであるプレイヤーACEを手に入れることです。能力があがって死ににくくなるうえ、影武者がわりになります。
影武者はなんといっても本物ですので普通に政務してたらまずばれません。
アイドレスでは暗殺で終らないように、重要性が高いプレイヤーほどプレイヤーACEが出るようになっています。

【暗殺や危険な状況を防ぐには】
暗殺、あるいは個人でやばい状況に追い込まれそうなとき、それが小笠原天気予報とかで分かってる時はイベント選択で可能な限り安全なところで話したいと言えば配慮してくれます。
セキュリティレベルが一番高いのは、公園などの広いところではなく、宰相府の秘書官用保養所です。ここは格別に安全性が高いが、藩王と秘書官しか使えません。外交使節として猫の藩王も使うことが出来ます。

では、一般人ではどこが安全かというと、一番安全なのは宰相府の門の前です
宰相府の門には今日子と雷電2匹が居て、さらに宰相府のI=Dクエスカイゼス等があるためです。

天領の冬薔薇園も安全な場所です。ただし冬薔薇園は非常にチェック厳しく、場合によっては殺されることもあるため、セプテントリオン関係の人は近づかない方が無難です。

そして、逆に危険なのは、春の園。つづいてキノウツン、夏の園です。
理由としては人の往来が設定上多く、暗殺者がまざると、対応が困難になるためです。

ケース1.ルウシィが大規模な暗殺部隊に襲われる。

なぜ暗殺部隊が大規模かというと、恐らくは教えられた暗殺防御のことを全部やるからで、相手がそれでも暗殺する場合、大掛かりな仕掛けをしてくるはずです。
まあ、普通なら暗殺を諦めて、戦争を仕掛けてくるでしょう。
戦争だとルウシィのりんごは劇的な効果をあげます。だから暗殺のほうがいいというコスト計算になる可能性があるわけです。

今回のケースは、ルウシィ以外の人達も関わります。

大規模な戦いになると裏番組や前後の時間にも影響が出始めます。
そうなった時にどうするか、は知っておいて損じゃありません。
一番ありそうなのは、遠くで戦闘が置き始めて、それを皆さんが見てるケースです。

で、魂の底まで軍人である人を個人ACEにしてると、この時点で戦闘に関わることになります。
源、恭兵、善行、サウド、バロ、バルク
このあたりは100%戦闘に入ります。
この人達は軍人のため自分の生死を気にせず、自分が盾や囮になって死ぬことをやりたがります。

ヤガミは軍人としての公僕意識がありませんが、正義感が高いため60%で戦闘に入ります。このケースの場合は全力で引きとめ逃げた方がいいです。戦闘に参加すると死亡する可能性が高いでしょう。

戦闘に巻き込まれた場合は個人ACEに付いていくのが安全です。
2月13日昼の部で個人ACEと一緒の時に戦闘に巻き込まれたときの対応を講義しています
→ http://bigina.at.webry.info/200802/article_7.html

次の演習はそういう死にたがりを死なせずに、かつ紅葉ルウシィを援護するプレイです。

【演習】
ここに、I=D5機からなる評価34の部隊がルウシィを襲うために藩国の壁を突き破って現れた。AR距離は4。
空気がぬけはじめて、耐久判定が発生したが、これはあやのの場合、健司がキスして酸素を供給して、成功させたとしよう。
I=DのARは15 壁突き破って12 遠距離攻撃まで移動するのにAR1 これでAR距離は3になる。ARは11、ここで射撃開始。第一発目はAR8で着弾だ。 これで評価34を防御しないとルウシィは死ぬ。

敵の攻撃はAR11,普通の人のARは10のためこの時点では行動できません。そのためゲーム前にどんな防衛手段を用意していたかで全て決まります。

紅葉ルウシィはPLACEを王宮に置いて自分はセーフハウスに居たため暗殺防御に成功しました。セーフハウスに居る限り、当面は大丈夫でしょう。

さて、問題はそういう事情を知らない時野健司とあやの、あるいはあおひとと忠孝だ。
AR10で彼らはすぐにかけつけようと移動する。大変運の悪いことに、健司はグリンガムを使って1ARで敵のところまで移動に成功してしまう 。
健司のARは9、一方忠孝は、走っても間に合わないのでその場で行動して戦闘に介入しようとする。
橋って間に合わない忠孝の介入は、指揮を取る、だ。 電話か通信でオペレーションを取る可能性が高い
忠孝の指揮は評価+5として数え、健司はこれで19+5で評価24.

ここでルウシィさんを見つけ、一緒に撤退をしようとすると、
健司は敵への攻撃をやめ、王宮に移動。
AR8で健司は王宮に着いた。敵は再度王宮を攻撃。この時点で健司は死ぬ可能性が高い。
ようするに一緒に撤退という言葉は、このケースではACE殺すのね
ではAR9で王宮について、どうすればよかったろう?
ルウシィはセーフハウスにいて安全な場所にいる。移動しはじめても間に合わない
逃げるのは健司が嫌がる。

答えはガンパレードA=DICが教えてくれている。煙幕だ。あやのは健司と食べるお弁当のバスケットの中に煙幕をいれていたほうがいいね。
煙幕をはるので健司はAR3消費する。 この段階で敵は第二撃目のアタック。続いて健司とグリンガムは煙の中を動物兵器の鼻を使って移動して王宮を探索し始める。

仮に敵が第二撃目せずに、まあルウシイしんだよなあと思って1撃だけでにげるような奴なら、この時点で健司が死ぬ可能性はなくなる。
煙幕が先に炸裂するから、敵は索敵+攻撃して、計AR5つかって脱出の可能性を捨てるか、そのまま撤退するかの2択に追い込まれる

敵に高度な電子的索敵手段があっても、ルール上はレーダーに切り替えた段階で再度偵察しなおさないといけない。それを最大限利用して、相手の選択肢を削る

この場合、問題は、ガンパレ、ガンオケ系でないACEだね、例えばドランジだと煙幕持ってました。というのは通らない。
恭兵は沢山の武器を持ち歩いているため煙幕なども持っている。

このケースで分かったと思うが、実際に要人はきちんと暗殺対策してるんで、実際、行っても無駄足というか、死ぬだけで終わる可能性が高い。
強制で救援に行くケース以外では、ほっとくのが一番です。それより周囲の人を助けたほうがいい。


【まとめ】
暗殺を未然に防ぐには事前の暗殺防御が必要
ACEの性格、どのような戦闘が得意か、装備は何か、を事前に掴んでおけば非常時の対応もしやすい。
要人は暗殺対策を取っているので、戦闘にかかわっても役に立てず、むしろ危険な目にあう可能性が高い。
それより戦闘に巻き込まれた周囲の人達を助けた方がいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック