りゅーぐー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月6日小笠原ゲーム

<<   作成日時 : 2008/03/06 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回
http://rilyuuguu.at.webry.info/200802/article_5.html


竜宮 司:こんばんは、小笠原ゲームをしに参りました。

芝村:記事どうぞ

竜宮 司:
【予約者の名前】1800345:竜宮 司:詩歌藩国
【実施予定日時】3/6 / 17:00〜18:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・小笠原ゲーム(一時間):10
【召喚ACE】
なし
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1800345:竜宮 司:詩歌藩国:仮入学(既):10

竜宮 司:前回からの続きでお願いします

芝村:はい。2分待ってね

芝村:/*/

芝村:飛行機の中にいる。

芝村:座席などはろくにない軍用輸送機だ。

竜宮 司:余計なことは喋らずにいます

芝村:しばらくすると飛行機は着陸した。

芝村:後部ハッチがあいた。

芝村:旅は終わりらしい。

芝村:荷物が運ばれていく。

竜宮 司:私も移動します

竜宮 司:辺りはどのような所ですか?

芝村:ここは巨大な砂漠だ。

芝村:仮設基地が配置されている。

竜宮 司:では、そちらに向かいます。 ユウタやコウタの姿は見えますか? 地竜は見つけやすそうですが

芝村:地竜などはないね。

芝村:疲れたような英吏がいる。

竜宮 司:「お忙しい所、すいません。お聞きしたいことがあるのですがよろしいでしょうか?」 話しかけます

英吏:「……めずらしいな。どうした?」

竜宮 司:「ユウタさんに取り次ぎたいのですが、居場所は分かりますでしょうか?」

英吏:「分るが、聞き耳はもたんだろう。帰るがいい」

竜宮 司:「ユウタさんは今も捜索中でしょうか?」

英吏:「ああ」

竜宮 司:「捜索が一段落着いたらここへ戻ってくるのでしょうか?」

英吏:「それは間違いないが。きめたことは変えないと思うぞ」

竜宮 司:「やるだけやってみたいのです。ユウタさんが来るまでここで待っていてもよろしいでしょうか?」

英吏:「数日は帰ってこないだろう。帰ったほうがいい」

竜宮 司:「ここで待っていては駄目でしょうか?」

英吏:「砂漠は厳しい」

竜宮 司:「頑張れると思います」

英吏:「……勝手にしろ」

竜宮 司:「ありがとうございます」

芝村:英吏は色々便宜を図ってくれる。

竜宮 司:ユウタが帰ってくるのを待ちます

芝村:耐久力で5の判定だ。

芝村:貴方の耐久は?

竜宮 司:仮説基地無いでも判定はいるんですか

芝村:ええ

竜宮 司:0です

芝村:失敗した。

芝村:貴方は寝こんでしまった。

芝村:しかたなく英吏が帰りの手配をしてくれるよ。

竜宮 司:「ちょっと待ってください!」

竜宮 司:「ユウタが帰ってきたら教えてくださればいいので」

英吏:「脱水症状だ」

竜宮 司:「私はこのままここで寝込んでますから」

英吏:「駄目だ。命にかかわる」

英吏:「伝えてはやる。だから、帰るがいい」

竜宮 司:「体を休めてじっとしてますので」

竜宮 司:「ここに居させてくれませんか?」

英吏:「……男なら分るだろう」

英吏:「帰れ。ここはお前の居場所ではない」

竜宮 司:「はい、わかりました。」

竜宮 司:「私の所へユウタに来るように伝えて置いてください。私の名を出すと来ないかもしれませんが」

英吏:「来ないなら来ないなりの理由があるのだ」

竜宮 司:「話がしたいのです」

英吏:「それはミスで仲間を失い、探そうとしているのかも知れぬ」

竜宮 司:「ええ、それが原因なら待ちます」

芝村:英吏はうなずくと、貴方を飛行機に乗せた。

英吏:「違うかもしれんが、まあ、倒れるまでいたと伝える」

竜宮 司:「ありがとうございます。迷惑をかけて申し訳ありませんでした」

芝村:貴方は国許に戻された。

芝村:5日ほどたって連絡が来たよ。

竜宮 司:体を休めつつユウタを待ってます

竜宮 司:どのような連絡ですか?

芝村:英吏からだ。几帳面な字で、手紙を寄越している。

竜宮 司:手紙を読みます

芝村:”ユウタ君は日本語がかけないとの事で、この手紙を書く。”

芝村:”ありがとう。うれしかった。遠い未来に、またあえたらいいね”

芝村:”と、本人は言っている。”

芝村:”何があったか俺が詮索するのもなんだが、ただならぬ様子だった”

芝村:”逢いたいならこの日に、宰相府藩の空港に入ること”

芝村:日付が続いている。

竜宮 司:いつでしょうか?

芝村:以降はユウタの健康状態が詳細に説明してあった。

芝村:あと3時間ある。

竜宮 司:急いで行きます

芝村:空港に着いた。

芝村:あと30分

芝村:なにかやるかい?

竜宮 司:辺りを見渡します。

竜宮 司:出発が近いゲート付近を捜してみます

竜宮 司:0時付近に出発する便は何処行きでしょうか?

芝村:王女藩国だね。

芝村:今飛行機がついた。

竜宮 司:王女藩国行きのがあったらそこを探します

芝村:軍用輸送機だそうだ。

芝村:王女藩国行きのに移動するでいいね?

竜宮 司:はい

芝村:ユウタをみつけた。

竜宮 司:ユウタへ駆け寄ります

芝村:地竜とともにいる。

竜宮 司:「ユウタ!私はキミと一緒に居たい。」

竜宮 司:「ユウタのことが大好きだし、その、家族だとも思ってる」

ユウタ:「……!!」

芝村:ユウタはびっくりしている。

ユウタ:「どうやって!」

竜宮 司:「君と一緒に居られれば私は幸せなんだ!」

竜宮 司:手首掴んでおきます

竜宮 司:「ユウタは種族にこだわっているけど、私はユウタが大好きなんだ。一緒に居たい」

ユウタ:「僕は人間の世界にいられない」

芝村:5

芝村:4

芝村:3

芝村:2

竜宮 司:「私が一緒に居たいんだ!」

芝村:1

竜宮 司:「私も竜になるよ!」

竜宮 司:「君についてく!」

芝村:ユウタは貴方を見た。

芝村:飛行機が今、飛んでいった。

竜宮 司:「ユウタが人間の世界に居られないんなら私はユウタと一緒に行く!」

竜宮 司:「その…私と一緒は…駄目かな?」

芝村:ユウタはため息をついて飛行機を見送った後、少し話そうといいました。

芝村:/*/

芝村:はい。お疲れさまでした。

竜宮 司:お疲れ様でした

芝村:ユウタの奪還に成功しました。

竜宮 司:途中ミスしまくりでしたがなんとかできました。

芝村:英吏は親切だなぁ

竜宮 司:砂漠の耐久判定は砂漠対策することで知識判定で回避できますか?

竜宮 司:はい<親切

芝村:ええ>竜宮

芝村:評価は+1+1でした。

竜宮 司:誰からでしょうか?<評価+1+1

芝村:ユウタ。

竜宮 司:青空勲章は取ったのでしょうか?

芝村:ええ。勲章獲得だね。

芝村:おめでとう。

芝村:苦戦したねえ。

竜宮 司:ありがとうございます

竜宮 司:ええ、ユウタの考えが分かりにくいのと頑固なのと私が下手なのがあいまって<苦戦

竜宮 司:私の個人ACEのユウタは冷凍睡眠した影響で背が伸びているんですよね?

芝村:ええ。

竜宮 司:了解です

芝村:はい。では解散しましょう。

芝村:秘宝館には1・1で依頼出来ます。

竜宮 司:はい、お疲れ様でした。ありがとうございましたー


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月6日小笠原ゲーム りゅーぐー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる